2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「相続」の19件の記事

2013年10月28日 (月)

代襲相続制度の不合理な側面

 祖父の相続が開始し、三人の兄弟姉妹が相続することになった。

 

 主な相続財産は、祖父母と長男家族が同居していた土地・建物であるが、祖母は先に他界しているので、相続人は、長男と長女、次男の3人である。

 長女、次男は祖父の生前に住宅の敷地をそれぞれ与えられていたので長男は、祖父と長男家族が同居していた上記土地・建物ということになった。

 しかし、長男は祖父より先に他界したため、長男の分はその子ら3名が代襲相続することになった。

 この場合、代襲相続した3人の子らがその土地・建物を売却して金銭で分割することになった場合、祖父母の面倒を亡くなるまでみていた長男の妻は生活の場所も失われてしまうが、いにも不合理と思われる。

 本来であれば、夫である長男が相続し、その妻は少なくとも相続分の2分の1を相続できるのに、夫に先立たれた妻はいかに寄与があろうと代襲相続により、相続分がゼロというのはおかしな話であるが....

そう思いませんか

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

実にかわいらしい むっくりとした 

まるまるとして 菓子のように膨らんだ具合はどうだ

ほっそりとして しなやかな そよそよと動く様子はたまらない

Img_45041

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2012年5月 2日 (水)

遺言

 遺言書が問題となるのは、被相続人が亡くなり、初七日、四十九日が過ぎるころ相続人の誰かから、何気なく遺産相続の話が出始めたときである。

 そんな時、「遺言書がある」 という話が出ると、皆、色めきだって、どのような内容の遺言なのか、誰が余分に相続できるのか、心穏やかでなくなる。

 自筆証書遺言で、封筒にノリづけされていると、裁判所の検認手続が終わるまで、誰も中身が分からない。

 相続人はみな疑心暗鬼となり、仲の良かった兄弟姉妹も何か他人のように空々しくなる。

 弁護士の仕事は、このような他人の親族間の心理的葛藤にまで、否応なく踏み込まざるを得ないが、何と因果な職業であろうか

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

こんなドレス どんな人が買っていくのかなぁ~

 身長は170㎝以上ないとね  スカートがお引きづりになってしまうよ

そうだ 着物のようにお端折りすればいいのかな

通行人 振り向きもせず 背を丸めて通り過ぎる 

お値段は見えません  見ない方がよさそ~ w(゚o゚)w 

Photo

                                    (馬車道 信濃屋)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2012年1月25日 (水)

相続財産の分割

 祖父母、父母の相続について、それぞれ相続人であった者が、いずれも法定相続分で相続をしたことにして相続税を支払った。

 有価証券については売却し、それぞれの相続分に応じて配分した。

 しかし、複数ある土地については、一部は法定相続分による相続登記がなされたが、相続登記未了の土地も残っている。

 これらの土地は、数人いる子らが持分を同じくして共有しているとの認識でいるが、子らの世代も全員が老齢化し、中には孫の代となっている者もいる。

 子らが集まり、自分たちが元気なうちに遺産を現実に分けようということになったが、いかなる方法によるべきであろうか。

 すべて売却して金銭で分けるのも良いが、お金はいらないので土地を貰いたいという相続人もいるから、実際の分割には工夫が要る。

 話合いがつかなければ、調停とか裁判をしなければならなくなる。

 この場合、遺産分割の申立てなのか、共有物分割請求なのか、どちらの方法によることになるでしょうか

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 雪 雪 

 きらきらする木々  真っ赤に口紅塗って 白いマントをまとう

 鳥たち 来やしない 

 接吻されるのを待っているよ  早く遊びにおいで

Dsc_61821

雪 雪 雪 ・・・

   ひとけのない野原のなかで 遊ぼうよ

Dsc_62121

純白のなかに 浮かび上がるかぎりなく美しい影

 この純白のなかに 秘密が隠されているよ 

太陽がでていても かるく やさしく キラキラ ダイヤモンドダストが 

夢見るように ピアノ を弾いていた 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年12月 7日 (水)

遺言と遺産分割

  父親が天寿を全うし、49日を過ぎたころ、兄弟姉妹間で遺産相続の話が持ち上がった。

  相続人間で仲良く話がまとまれば、それで遺産分割協議書を作成し、相続税を支払い、不動産について所有権移転登記をすれば、まずは一段落ということになる。

 ところが、遺産分割の話合いの中で遺言状が存在することが分かった場合、問題が紛糾することも少なくありません。

 そこで、遺言状を保管していた相続人の1人が、皆の前に出そうかどうか迷うことがあるでしょう。

 しかし、遺言状は保管している者以外の相続人に有利に書かれていることもあるので、保管者が勝手に判断して、遺言の存在を知らせないのは、遺言者の意思に反することになります。

 したがって、遺言書 (自筆証書遺言の場合) を保管、発見した人は家庭裁判所に遺言書の「検認」の申立てをする必要があります。

 「検認」とは、家庭裁判所において、相続人、裁判官立会のもとに遺言書の内容を明らかにして、偽造や変造を防止するための手続です。

  これで遺言の内容は明らかになるので、その後は、遺言のとおり実行するか、また、相続人間で話合いをするかは、それぞれの事情により異なるでしょう。

  なお、公正証書遺言の場合は、遺言書の存在、内容が明らかで、偽造、変造の心配がないので「検認」の手続は要りません。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

 [箱根 ガラスの森美術館] 

  入館はクリスタルのシャワーを浴びながら

一円玉よりちょっと小さめのクリスタルがこれでもかいとうくらい 

  たくさんたくさん  キラキラ (☆。☆) ☆彡 (☆。☆)

Dsc_59681

クリスタルのツリーは夜になると街のツリーとは違った美しさになるそうですよ

Dsc_60591

お気に入りは これに決まり!  

これに何をのせたらよいか考えるとワクワクするね

この微妙な曲線は計算されたものなの? もしかして見るだけのもの?

Dsc_60091  

                                                                      

Dsc_60251

         

しかし 入館者の人気ナンバーワンは こちらだそうです (1880年頃 ヴェネチア)

━━━・…━━━・…━━━

2011年5月30日 (月)

震災と相続

 震災により亡くなられた方の過程では、財産の有無にかかわらず、相続問題を処理する必要にせまられる。

 被災した土地が、土地区画整理事業の事業用地となる場合には、土地所有者の同意を要することはたくさんあるが、いずれにしても誰がその土地を相続して所有者となったかを明確にしておかなければならない。

 早期の復興を行うためには、まず、地権者を早期に確定することが必要であり、すでに戸籍が混乱している市町村もあると思われることから、その実現には大きな困難が伴う。

 行方不明者の戸籍上の取り扱い、避難生活者への周知、伝達、手続に要する時間や費用、被災者への応急措置、再建支援との関係等々を考えて、相続問題を解決するのはとても、とても大変のことのように思われる

 何らかの適切な立法措置はあるのでしょうか

・‥…━━━☆

[ 海のような空 ]

梅雨入り後の  初の青空 やっぱり 気持ちいいね

 空には風が流れている ひろびろとした海の景色のように思われた昼下がり

0081

                               赤煉レンガ倉庫

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2011年5月19日 (木)

相続関連2題

 東日本大震災後も多くの相続問題が発生すると思われるが、同時死亡の推定が働く場合など震災特有の事象を除いて、通常の相続問題と質的には変わらない。

 そこで、少し頭の体操ということで、最近の相続事例を紹介しよう。

1  借地人Aの借地上に亡母Y名義の建物が存するが、Aが死亡し、Aの法定相続人は、Aの兄弟である亡Bの子Cのみである。

  Cは、Aの借地権及び亡母Y名義の建物を相続できるでしょうか?

2  XY夫婦にABの子がいたが、X所有の土地にAが同人名義の建物を建築したが、Aは父Xから土地の共有持分3分の1を譲り受けていた。

 Xが死亡し、土地のX共有持分は母Yが相続取得していたところ、Yも死亡し、Yの土地持分について相続が開始した。

  BYの持分の2分の1の取得を希望しているが、AYの持分について建物所有による何らかの権利を有していると考えているが、どのような法律構成ができるでしょうか?

 震災の法律相談でこのようなややこしい問題がでてくると困りますが、相続人は仲良く解決してもらいたいと念願しています

・‥…━━━☆

 「真駒内公園のエゾヤマザクラ」

   白樺林の中に咲くサクラ 葉っぱが赤茶色 

    春なのに秋色の春色 コントラストが印象的

Dsc_4399a_2

星空 月夜 に見るサクラも美しいのではと想像 

  ソメイヨシノとは違う魅力が グー (゚m゚*)

Dsc_4421a

公園内の川も 春の小川?色

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2011年2月 2日 (水)

遺留分減殺請求

 相続が開始し、いくらかの相続財産があったが、遺言によりそのほとんどが特定の相続人に遺贈されていた。

 他の相続人は、相続すべき物が何もないが、誰も異存がなければ何も問題はないし、恐らく、多くの家庭ではそれで円満に解決するのである。

 ところが、相続人の一人でもこれに不服があると相続分の2分の1を法律上当然に取り戻すことができるというのが遺留分の制度である。

 もっとも、相続人(子、配偶者、親、兄弟姉妹)のうち、兄弟姉妹は遺留分権利がないとされている。

 相続財産は被相続人の財産であって、処分(遺贈)は自由な筈であるが、相続財産は相続人の協力があったから存在するという考え方に基づくものである。

 遺留分権利はもっともな権利であるが、実際は、遺言者の本意によらない遺言、相続人とその配偶者らの間の感情的もつれのはけ口として行使されていることも少なくないように思われるが

 思い過ぎかなぁ~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「穏やかな富士山」

  積雪は、少ない年だそうです 

そういわれてみると峻がハッキリしているような感じ

Dsc_39881

山中湖-平野湖畔より望む

     湖面は凍ってはいます。一般人は降りることできませんが、漁協の方々は約150メートル前方で釣りをしてました。

お助け舟が1艘 出番がないことを願いつつ 鎮座

湖面は水位が例年より1メートル位高くなっているそうです 

落ちると助ける人も落ちるになり、したがって助けられないとのこと。くれぐれもご注意!

   陸に見えていた植物   氷中植物(枯れ木)になっている

Dsc_39681

Dsc_39411

山頂付近も積雪が少なく 

今年は逆ハートが浮かび上がってます

  じぃーと 見て 探して下さい 

Dsc_40655a

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2011年2月 1日 (火)

親族間の借地と権利金

 子が親の所有する土地を借りてマイホームを建築する場合、親が子から権利金を取って借地契約を結び、以後、地代を徴収するということは、通常考えられないと思います

 一般には、親が土地の固定資産税を負担し、場合によっては建物の建築費も応援することになるでしょう

 この土地の使用関係は、借地借家法上の借地権より強固のものであって、親の相続が開始すれば、その土地は子が相続取得することになるでしょう。

 では、子が建物を建築するに際し、金融機関から融資を受けることになり、借地契約書の提出を求められた場合に、親子間で借地契約書を作成し、以後、子が親に地代を支払うことになったとします

 もちろん、権利金の授受などありません

 この場合、親は子に権利金相当額を贈与したとして贈与税を課税できるでしょうか?

 私は、親子間の借地権設定に際しては、権利金の支払いの慣行はなく、土地の使用関係も全く家族間の関係として処理すれば足り、いわゆる権利金の認定課税の問題は起こり得ないと思うのですが

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

いつも  何事も まぁ~るく 収まると良いですね

        そうなれば      バンばんざぁ~いだ

Photo_5

                                    う~ん でも一人だけ上がってない方がいるね 

                                          うまくいかないもんだ

                                         (平成23年1月場所にて)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2011年1月19日 (水)

遺産分割(続きのつづき)

 人の死は避けて通れないし、といっても天命をまっとうしたといえる人は少ないのではないでしょうか。

 人は亡くなると法律上の人格が無くなるので、その人に財産や債務があるとそれを整理しなければならなくなる。

 その整理の一つが相続であり、遺産分割といって財産を相続するのであるが、借金も当然相続することになる。

 問題は、相続人が複数いる場合の遺産の分割方法で、これには極めて多くの問題があるが、かつてわが国でよくあったように、長男が全財産を相続し、残された老親、兄弟姉妹は長男が面倒をみるというケースを考えてみよう。

 このような相談を受けた弁護士として、兄弟姉妹間に多少の異論があるが長男を信用して、そのような遺産分割協議をまとめる場合もあろう。

 しかし、本当にそれで大丈夫なのかと一途の不安がよぎることがある。

 例えば、長男は信用できるとして、そのような遺産分割を行った直後、長男に事故等があった場合、その財産は全て長男の相続人が相続するが、面倒を看てもらえるはずの老親、兄弟姉妹は誰が面倒をみることになるのかである。

 私は、性善主義者ではあるが、このような遺産分割をアドバイスする気にならないのであるが、考えすぎでしょうかねぇ~?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 「横浜グランドインターコンチネンタルホテルと観覧車」  

       美しい都会の建築を愛することはよいことだ 

       はなやかな街を探索する ことはよいことだ

Photo_3

Y軸とX軸 交わる先 

  消えゆく時間をきざむ  ゴンドラ  ゆっくり見えたり 早く見えたり

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2010年12月14日 (火)

相続させる旨の遺言

 特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言は、どのような効力を有するのでしょうか?

 ①遺産分割協議を終えることなく、遺言の効力発生と同時に、当然に当該遺産の権利は当該相続人に帰属するという遺贈と解する説

 ② 遺産分割方法の指定と解し、遺産分割協議が成立するまでは、当該遺産についての権利を確定的に取得することはないとする説

 ③ 遺産分割そのものの意思表示と解し、民法176条の適用により、遺言の効力発生と同時に直ちに権利移転の効果が生ずるとする説

 ④ 遺産分割方法の指定と解しつつ、直截に遺産分割の効果を有し、その結果、当該遺産は分割協議の対象から除外され被相続人の死亡と同時に直ちに特定相続人の所有に属するとする説

があります。

 最高裁の判例(平成3年4月19日)は、④の説に立つものとされ、遺言書の記載から、その趣旨が遺贈であることが明らかであるか又は遺贈と解すべき特段の事情がない限り当該遺産を当該相続人をして単独で相続させる遺産の分割方法が指定されたものと解すべきであるとしています。

 何だか分かりにくい

 では、孫に相続させる旨の遺言は効力はどうなるでしょう?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

[ 飛鳥Ⅱ ]

いきなり 大きなお尻 で失礼します 

Dvc00129

夕暮れどきの 飛鳥Ⅱ 

   スポットライト浴びて 輝き増し 夢をのせて出航です

    ボォー ボォー  ボォー 

        空腹の ハラ に 響く たまらないね

Dvc00128

                  (大桟橋停泊)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

より以前の記事一覧